ロゴ画像
お気軽にお問い合わせください
診療時間10:00~19:00
木 日 祝日休診(土曜日は17:00まで)

ご予約はこちら

03-3648-2721
 

適応症状

  1. HOME
  2. 適応症状
  3. 膝の痛み

電気やマッサージをはじめ、注射も打っているのに改善しないあなたへ

こんにちは、よつば整骨院院長の田中雅浩です。

膝の痛みを抱える方の多くの方が様々な方法を試しているにも関わらず、改善の糸口が見えず悩んでいます。そして日々の施術をする中で、膝の症状についての質問を受けるのですが、多くの質問は共通しています。

膝の水は抜いても良いのか?

なぜ膝に水が溜まるのかというと、それには理由があります。まず膝関節内の水の原料は「血液」です。血液が膝関節の中にに流れ込む時に『膝のお水』に変わり関節内の潤滑油として働くのです。ところが膝関節が何らかの原因で傷ついてしまうと炎症が起き、血液が過剰に流れるようになります。すると『膝のお水』の原料である血液が過剰に流れるので、『膝のお水』も過剰に作られることになります。すると関節内の『膝のお水』の量が過剰になるために、膝がパンパンに腫れてしまいます。これが膝に水が溜まる仕組みです。
まとめると『膝に水が溜まる原因は、膝関節の中が傷ついている』という事なのです。

ですから膝に水が溜まった場合は、この仕組みを踏まえて対応する必要があります。 結論から言うと、「膝関節の中が傷ついて炎症を起こしている」という事が根本原因なので、「膝関節の中の傷を修復させる」ように処置をする必要があります。そして適切な処置ができれば水を抜かなくても3〜4週間ほどで快方に向かいます。

さて、100歩譲って、膝のお水を抜くのであれば、抜いた後に包帯(伸縮しないもの)で固定をすれば安静が保たれ関節の修復に働くので有効です。ところが水を抜いてそのまま包帯等の固定処置をしないのであれば炎症がひかないばかりか、また溜まって悪化する場合もあります。もしあなたが通院している医療機関が毎回水を抜いてお終いという処置をしているのであれば行くだけ無駄なので、別の医療機関に転院しましょう。

膝の軟骨がすり減っていたら手術しかないのか?

レントゲンを撮った後で「歳のせいで軟骨がすり減っていますから、完全には治りません」 と言われた方は多いと思います。

しかし軟骨には神経も血管も通ってはいません。つまり、すり減ったとしても基本的には痛みを発することも、炎症を起こす事もありません。また、軟骨がすり減ったとしても膝の痛みを無症状の方もいます。逆に軟骨のすり減りがなくても膝の痛みを訴える方がいらっしゃいます。

以上のことからわかるのは、「軟骨がすり減ること」イコール「膝の痛み」では無いという事です。

では何が原因なのでしょう?

その前に膝の構造を簡単にご説明します。膝は骨や、半月板、靭帯、筋肉といった複数のパーツで構成されています。ですから、一概に膝が痛いといっても骨が原因で痛むこともあれば、靭帯が原因で痛むこともあるのです。

つまり軟骨がすり減っているけれど、痛みの原因は筋肉であるというケースはたくさんあります。勿論この場合は筋肉の硬さが取れると、軟骨のすり減りが残ったままでも痛みが無くなりますし日常生活で差し支えは無くなります。

大切なのは「痛みの直接の原因は何なのか?」を見つけ出し対処する事です。そして必要以上に長引く痛みには必ずと言っていいほど「治るのを邪魔している原因」というものも存在します。それは不良姿勢であったり、別の場所にある過去の古傷であったりと様々ですが、こう言った原因を探すことを整体は得意としています。

まとめると痛みの正体のほとんどが改善可能なものであり、「軟骨がすり減ったことが痛みの原因ではない」ということです。「軟骨がすり減っているから一生治らない」「歳のせいだから仕方ない」と言われたら、通院しても時間の無駄なので他の医療機関に転院しましょう。

現在の改善状況が芳しくない方など、整体という違う方法でアプローチしてみると著効を示す事がありますのでご相談ください。

よつば整骨院の治療法とは?

ステップ1 詳しく診断し、原因を探し出します。

触診、可動性検査等の様々な方法を駆使して、あなたの膝の中でも何が痛みの原因なのかを探し出します。

痛いのに、無理に動かしたり、強く押したりということは一切ありませんのでご安心ください。 原因が見つかれば対処法も見つかります。 それだけでも不安が半減したという方もいらっしゃいます。 そして、何をしたら良いのか分かる事で希望が見えます。

ステップ2 歪みを検査して、全身の状態を把握します

膝の中の何が痛むのかをみつけたら、次は膝の痛みを作り出している原因のさらにその原因を調べます。 痛みのある場所だけが悪くなっているとは限りません。 例えば、足首が歪んでいるせいで、膝が痛んでいるという事もあれば、骨盤が歪んでいるために痛んでいる事もあるのです。 痛いとことの治療と並行して、整体による体の歪み調整をすることで、根本の原因を治療します。 根本原因を治療することで、再発する可能性を最小限にし、治療を受け続けなくても大丈夫な体を目指す事ができます。

ステップ3 ソフトで痛くない全身治療

あなたの身体の状態を詳しく把握して初めて治療が始まります。 よつば整骨院の整体の最大の特徴は『痛くない整体を行う』というところです。 痛いところをぐいぐい押すようなことはしませんし、無理なストレッチや強引なマッサージはいたしません。 強い薬は、効果も期待できますが、副作用も大きいことはご存知だと思います。 また服用し続けることで、だんだん効かなくなってくるという話も聞いたことがあると思います。 整体治療も同じで、あまりに強い力で体に働きかけるとかえって、痛みが強くなったり、治りにくくなったりしてしまうのです。当院の整体は人によっては「これは気功ですか?」と聞かれるほど触れるほどの力で行います。施術時間も10分ほどで終わりますので体の負担も少ないのでご安心ください。